段落や改行を付けるためにいくつかのHTML言語を使って書いてみよう!

<p>タグで囲んだ範囲が1段落になる

普通、文章を書くときには「段落」を用います。内容のまとまりごとに段落を作り、いくつもの段落を作って文章を構成していくのです。
そしてホームページを作成する場合も同様で、内容のまとまりごとに段落を作っておくと便利です。
ホームページを作成するにはHTML言語を用いる必要があるのですが、段落を作る際には、1つの段落の最初に<p>、終わりにも</p>というHTMLタグを書きます。こうすることによって、その間が「1段落」として認識されるのです。
HTMLの他にCSSという言語を使えば、「段落」の修飾をすることができます。文頭の字下げをしたり、段落と段落の間の余白を設定したり、または段落内での行間の広さを設定することもできるのです。CSSはいつでも変更可能ですので、1つの段落を<p>タグで囲っておくと、後でそれを自由にデザインできるようになるわけです。

改行だけしたい時は<br>タグを

さて、<p>タグで囲まれた1つの段落も、長くなると見づらくなってしまうものです。
しかし、内容的にはやはり、その範囲を1つの段落としてまとめておきたい―そういう場合は、どうすればよいでしょうか?
そんな時は、改行のHTMLタグ<br>を用いればよいのです。
<br>は、<p></p>のように、閉じるタグを必要としません。<br>を書いた時点で、次の文字から改行されます。
たとえば、『<p>あいうえお<br>かきくけこ</p>』と書けば、ちゃんと『かきくけこ』が2行目となります。そして、『あいうえお』も『かきくけこ』も、1つの段落として認識されます。
このように、1つの段落を<p>と</p>で囲み、その中で改行させたいところに<br>を置くことで、より見やすい文章を表示させることができるのです。
なお、<p>タグで囲まれたところ以外の文章でももちろん、<br>タグで改行をすることは可能です。